吉備津彦神社
きびつひこじんじゃ

旧社格 国幣小社・備前国一宮
所在地
岡山県岡山市北区一宮1043

御祭神主祭神大吉備津彦大神 (おおきびつひこのおおかみ)
相殿神 吉備津彦命 (きびつひこのみこと) 大吉備津彦命の弟
孝霊天皇 (こうれいてんのう) 大吉備津彦命の父
孝元天皇 (こうげんてんのう) 大吉備津彦命の兄弟
開化天皇 (かいかてんのう) 孝元天皇の子
崇神天皇 (すじんてんのう) 開化天皇の子
彦刺肩別命 (ひこさしかたわけのみこと) 大吉備津彦命の兄
天足彦國押人命 (あまたるひこくにおしひとのみこと)孝昭天皇の子
大倭迹迹日百襲比売命 (おおやまとととひももそひめのみこと) 大吉備津彦命の姉
大倭迹迹日稚屋比売命 (おおやまとととひわかやひめのみこと) 大吉備津彦命の妹
金山彦大神 (かなやまひこのおおかみ)
大山昨大神 (おおやまくいのおおかみ)
摂社祭神伊邪那岐命 (いざなぎのみこと)子安神社
伊邪那美命 (いざなみのみこと)
木花佐久夜姫命 (このはなさくやひめのみこと)
玉依姫命 (たまよりひめのみこと)
末社祭神楽々森彦命 (ささもりひこのみこと)楽御崎神社
楽々与理彦命 (ささよりひこのみこと)楽御崎神社
夜目山主命 (やめやまぬしのみこと) 尺御崎神社
夜目麿命 (やめまろのみこと)尺御崎神社
建日方別命 (たけひかたわけのみこと岩山神社
倭比売命 (やまとひめのみこと)下宮
天照大神 (あまてらすおおみかみ)伊勢宮
猿田彦命 (さるたひこのみこと)幸神社
楽々森彦荒魂 (ささもりひこのみことのあらみたま鯉喰神社
吉備津彦命御矢 (きびつひこのみことのおんや矢喰神社
句々廼馳神 (くくのちのかみ坂樹神社
祓戸神 (はらえどのかみ)祓神社
菅原道真 (すがわらみちざね)天満宮
倉稲魂命 (うかのみたまのみこと稲荷神社
素盞嗚尊 (すさのおのみこと)
伊弉諾命 (いざなぎのみこと)
 ()卜方神社
温羅属鬼之和魂 (うらぞくおにのにぎみたま)温羅神社
 ()祖霊社
保食神 (うけもちのかみ)牛馬神社
吉備海部直祖など10柱 (きびのあまべつのあたいのそ十柱神社
市寸島比売命 (いちきしまひめのみこと)亀島神社
住吉神 (すみよしのかみ)靏島(鶴島)神社
龍王神 (りゅうおうのかみ)龍神社(八大竜王)
由 緒
古代より当社背後の吉備の中山には巨大な磐座(神が鎮座する岩)・磐境(神域を示す巨石群)が有り、山全体が神の山として崇敬されてきました。
 第十代崇神天皇の御世、四道将軍として遣わされた大吉備津彦命もこの山に祈り、吉備国を平定し、永住された吉備の山中の麓の屋敷跡に社殿が建てられたのが当社の始まりです。
 昔話「桃太郎」は吉備国平定の吉備津彦命(桃太郎)と温羅(鬼)の戦いが元になっているといわれています。
     ―神社の栞より―

案内図
入口の鳥居
神社入り口
鷺島神社亀島神社
亀島神社
鶴島神社

海上安全の神をお祀りしています。鶴島と亀島は対峙する島で、当社に置いて境内におけるそれぞれのその方位から、鶴島神社が風の神、亀島神社が水の神とされ風水害を除災するよう配祠されています。
瑞紳門
隋紳門
(岡山市指定重要文化財)

元禄10年(1697年)、岡山藩主・池田綱政公により造営されました。
境内
境内

正面に拝殿
拝殿
拝殿

昭和5年(1930年)、不慮の火災で焼失し、昭和11年(1936年)に再建されました。
大燈籠
大燈籠
(岡山市指定重要文化財)

高さ11.5メートル、笠石8畳の日本一大きな石燈籠です。文政13年(1830年)から安政4年(1857年)の27年に渡り寄付が寄せられ、安政6年(1859年)に天下泰平を祈願して建立されました。

本殿と渡り殿
本殿と渡殿
本殿
吉備津彦神社本殿
(岡山県指定重要文化財)

昭和43年4月19日指定
 この神社は、社名のとおり吉備津彦命を祭神とし、古くから備前国一の宮として崇拝を集めてきました。十六世紀後半に、金川城主松田氏に迫害され、社殿は焼き払われましたが、元禄十年(1697)に再建されました。しかし昭和五年、本殿・瑞紳門・宝物殿を残して消失し、現在の拝殿等は、昭和十一年に建てられたものです。
「本殿」は、桁行三間・梁間二間、屋根は、流造り・檜皮葺の流麗な建築です。元禄時代の建立で、県指定重要文化財となっています。
 このほか、「子安神社社殿」(市指定重要無形民俗文化財)等が貴重な文化財として広く知られています。
本殿
本殿
渡り殿
渡殿
祭文殿
祭文殿
参集所

神饌所
楽御崎神社
楽御崎神社

本殿の左右に鎮座

吉備津彦命が吉備国を平定する時に活躍された従者をお祀りするお社で本殿を守るように配置されています。
尺御崎神社
尺御崎神社

本殿の左右奥に鎮座
稲荷神社
稲荷神社

御祭神
倉稲魂命
素盞嗚尊
伊弉諾尊

五穀豊穣・商売繁盛・諸業繁盛の神で、当地方で最も古く稲荷の神を祀ったお社と言われています。
稲荷神社
稲荷神社 社殿
温羅神社
温羅神社

鬼とされる一方で、吉備国に様々な文化をもたらし、後に吉備津彦命の従者となって多くの功績を残した温羅の和やかな御魂をお祀りしています。
祖霊社丑馬神社十柱神社
末社

祖霊社
牛馬神社
十柱神社
子守神社
摂社 子安神社
子守神社
摂社 子安神社

御祭神 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
     伊邪那美命(いざなみのみこと)
     木花佐久夜姫命(このはなさくやひめのみこと)
     玉依姫命(たまよりひめのみこと)
例祭日   三月七日
子安大祭 五月五日
子安神社は古来縁結び・子授け・安産・育児・家庭円満の神として信仰が厚いお社です。
慶長年間、岡山藩備前監国の池田利隆公が子宝に恵まれなかった際、祈願後たちまち名君と仰がれた光政公の誕生を見たことは有名な話です。
子守神社
摂社 子安神社本殿

(岡山市指定重要文化財)
天満社
天満宮

御祭神  菅原道真公
例祭日  九月二十五日
菅原道真公(贈太政大臣正一位朝臣)は延喜元年(901年)大宰府に赴く道中当社に立ち寄られたという由縁があり、学問の太祖として当社境内にも天満神社が建てられていました。
今でもその由緒にちなみ吉備中山の麓には「一宮字天満平」という地名が残っています。社殿の老巧化により明治四十二年以降は境内末社に合祀されていましたが、平成十七年十一月此処に再建されました。
七つの末社
七つの末社

子守神社の横に鎮座

左側  下宮
右側  伊勢宮

左側  幸神社
右側  鯉喰神社

左側  矢喰神社
右側  坂樹神社

祓神社
inserted by FC2 system