高良神社
こうらじんじゃ

石清水八幡宮の摂社
所在地
京都府八幡市八幡高坊30

御祭神 高良玉垂命 (こうらたまたれのみこと)
由 緒
高良社
石清水八幡宮の摂社で高良玉垂命を祀る。豊前国(現大分県)宇佐八幡宮より八幡大神を勧請した行教和尚が貞観二年(860)六月十五日に社殿を建立したと伝えられ、吉田兼好の「徒然草」にもその名が見える。往時は頓宮・極楽寺と共に荘厳を極めていたが、慶応四年(1868)戌辰戦争の兵火に罹り焼失、現在の社殿は明治十七年(1884)に再建されたもので、一間社入母屋造檜皮葺である。
 また、高良社は八幡の産土神として崇敬も篤く、毎年七月十七・十八日の例祭日には、「ヨッサーヨッサー」の勇壮な掛け声中、市内各区より太鼓神輿が担ぎ出され賑わう。
     -立札より-


高良神社

鳥居頓宮の門を出た所

タブの木

(京都の自然二百選)境内の隅にあり、楠の一種で霊が宿る木

拝殿と本殿

本殿
inserted by FC2 system